目元の悩みを抱えている女性は多いと思いますが、いったい何歳ごろから気にかかってくるものなのでしょうか?20代で必要なのでしょうか?

30代~に入ると気にかかり始める、目元のしわ。将来、美しく歳を重ねるうえでも、今からアイクリームできちんとケアしておきましょう。

各ブランドが目元専用に開発した高配合のもので、毎日やさしくケアしていきましょう。 ここではそんな30代~のためのアイクリームを選ぶキーポイントを紹介します。

目元にハリを取りもどし、しなやかな眼差しでみんなにアピールしちゃいましょう!

30代~アイクリームで準備

本来30代~でアイクリームは必要不可欠なのでしょうか?その実情を理解するために、まずはアイクリームとはどのようなものなのかについてご説明します。

今のところそこまでのケアは要らないのでは…?と感じる方もいると思われますが、これを読めば、本当は当たり前と言っても間違いないほど、重要なスキンケアであることがお気づき頂けると思います。

目元の皮膚は薄いので加齢の減少が出やすい

目元の皮膚はかなり薄く、しかもまばたきを1日に2万回もやるので、いつでも疲労しやすい状況になっています。目の周囲にしわ・たるみなど加齢現象が現れやすく、またトラブルが発生しやすいのは、こうした理由によるものです。

アイメイクからのストレスも

目元は毎日のアイメイクからもかなりのストレスを受けているのです。特にアイメイクをガッツリとやってる人が多い近年、目はいつも疲れが現れていると言っても間違いないでしょう。さらにメイクを落とす時にもストレスを受けますから、目元は一番ケアする必要がある部分と言えるでしょう。

疲れきった目元をケアするのがアイクリームです

このような目元の悩みを解消し、ハリを元に戻してくれるのがアイクリームです。統計の結果では、目元の悩みが明確になってくるのは「30代~」と回答した人が一番多く、ケアが必要とされることがわかります。

エイジングサインが出てくるようになる30代~は、素敵な40代・50代のための準備期間というふうにも言えそうですよね。

この年代のうちに毎日、アイクリームでケアすれば、保湿成分が行き渡り、たるみやシワなどの悩みの予防につながります。美容専門家の間でもアイクリームによるケアの有効性が支持されています。やらないと損しちゃいますよね。

30代のアイクリーム

30代~にこそアイクリームが必要とされている理由は納得してもらえたのではないでしょうか。だとすればどういったものを選んだらベストなのでしょうか?注目すべき点をまとめましたので参考にしてみて下さいね。

保湿成分が必要

目の周りは皮膚が薄いことだけでなく汗腺や皮脂腺も少ないことより、乾燥しがちです。乾燥によるトラブルが多いのも目の周りなんです。目の周りの乾燥を防ぐ目的のために、保湿成分が高配合されたアイクリームを選ぶことがが必要です。

すでにクマがあるなら

もうすでにクマがあるよっていう方なら、目元の血行を促進する成分が配合されたアイクリームが必要です。

 

30代で予防的にアイクリームを使用していけば、素敵な40代、50代が待っています。10年後を見据えて行動しましょう。

 

関連記事

50代~のアイクリームは高配合と無添加・コスパに注目して選ぶ