目元の悩みは早いうちからケアするのが良いのですが、ついつい化粧でごまかしてしまいがちです。

化粧だけで隠しきれなくなる前にアイクリームでケアし始めるのがオススメです。

肌の老化現象を感じるのようになる方が多いのが50代です。特に目元は皮膚も薄くストレスを受けやすいことで、シワやたるみというような悩みが出てしまうことが多い部位です。

この記事では、50代~のアイクリーム選びに必要な注目点を紹介します。

乾燥は目元のシワのもと

小じわの最大の要因は、ターンオーバーの乱れが元となる肌の乾燥です。乾燥を防止するなら保湿ですが、しわ対策のアイクリームは配合される保湿成分に注意して選ぶ必要があります。

とりわけ肌のバリアを整えくれるセラミドは、細胞間の水分を蓄えることができるので、しわやたるみに効果があると言われる成分です。またコラーゲンやヒアルロン酸などといった高保湿対策成分も、50代のしわとたるみに効果的な成分となるので、まずはそういった成分が配合されているかチェックしておくことが大切です。

クマ・くすみは?

しわやたるみのみならず50代の肌トラブルには複数ありますが、ひとつひとつの肌の悩みに適応した美容成分配合のケア用品を選ぶことが欠かせません。

例えばくまやくすみには美白成分が高配合されたもの、しわやたるみには保湿成分にプラスして、肌のハリに関わってくれるエラスチンなどが高配合されたものも良いかもしれません。

さらにエイジングケア成分として話題のビタミンC誘導体肌の中からコラーゲンを作る線維芽細胞を活性化してくれる作用が期待できます。

安心・安全には無添加

50代の肌はストレスに対してはセンシティブとなっている場合が多いので、できる限り肌によけいなストレスを加えない低刺激・無添加のケア用品を選ぶことが必要です。

その中でも肌に負担が大きいと言われている、合成界面活性剤を初めとした成分は出来る限り避けたい成分となります。

それから香料や着色料はケアとは無関係ですので、不使用となっているものがおすすめになります。

防腐剤やパラベンは植物由来の成分であれば安心感があります。超敏感肌の方は、アルコールに関しても不使用のもを選んだほうが心配が少なくなります。

コスパも考えましょう

目元のケアは毎日継続して使うことで効果が感じられるようになります。塗って隠すようなもののように即効性がないのが普通です。現実的には肌のターンオーバー周期である1~2ヵ月程度継続しないと、はっきりとした効果は期待できません。

ですので、無理せず長い間継続使用するためにもコスパに注目するべきです。 ケアで必要なのはアイクリームだけではないのです。その他のケアコストも合わせて、あなたが1ヵ月にどれくらいのコストをかけ続けることが可能なのか、しっかりと考えておくことが必要です。

 

関連記事

アイクリームは何歳から必要になってくるの?まさか20代から?