目の下黒クマたるみって第一印象で年齢がわかるこわーい部分です。

それと、黒クマは、たるみが原因となって影ができることで黒クマになっていることがほとんどなんです。黒クマ=たるみです。

印象を良くも悪くもする目元の悩みをどうやったら予防できるのかここでは紹介していきます。

目の下のたるみを加速する習慣

加齢が一番の要因なのですが、それ以外にも目の下のたるみを加速させる要因がありますので一つ一つ見ていきます。

目の周りの乾燥

年齢とともに女性ホルモンの減少からお肌は乾燥しやすくなります。目元も乾燥には弱く、小じわにつながってしまします。

予防としては、しわが発生して来る前から保湿をしっかりと行いましょう。

 

目の酷使

目を使いすぎると目の下のたるみが加速されてしまします。

PCやスマホを使っているときは、常に目の筋肉を使っています。そうなると、筋肉疲労によって血行が滞ってしまう場合があります。

予防としては、使用しないわけにはいきませんので、途中で適度の休憩を入れて目の筋肉を休ませてあげることです。

それと、寝る直前までスマホを見ているなどしていないで、できるだけ目を休ませリラックスした状態で就寝しましょう。

紫外線

紫外線は目の下だけでなく肌のどこに当たってもシミやシワの原因になります。

紫外線そのものが肌を透過してコラーゲンを破壊してしまいます。そうなると、肌の弾力が失われてしまいます。

予防としては、四季を通して紫外線対策をすることなんです。冬だからだいじょうぶっていうことはないんです。冬は夏に比べて1/3の紫外線量ですが、もしも3倍の時間外に出ていれば同じことないなってしまします。

日傘、日焼け止め、帽子、サングラス、日焼けどめサプリなどを併用すると効果的です。

睡眠不足

睡眠不足は「百害あって一利なし」です。お肌以外にも悪い事だらけです。

ストレスが活性酸素を生み、ホルモンの分泌を低減させ肌のターンオーバーもみだしてしまいます。老化も早めてしまうのです。

予防としては、毎日安定した睡眠を十分な時間取ることです。

洗顔のしかた

洗顔のやりすぎがお肌のバリア機能の低下を招く場合があります。

その他にも、刺激の強い洗顔料や強くこすって洗顔をするなどは目の下のたるみにつながるリスクです。

予防としては、クレンジングジェルや、アミノ酸系の乾燥肌や敏感肌でも使える洗顔料がオススメです。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを使用している方は、目から外すときに目尻か目の下あたりを引っ張るとおもいますが、これが肌へのストレスとなりますので、激しくやらないコツを練習して肌への刺激がなるべく少なくなるよう工夫しましょう。

化粧品

刺激の強い化粧品は肌にストレスを与えます。

予防としては、合成着色料、合成香料、合成界面活性剤などを含まない化粧品を選ぶ必要があります。

それと、将来のたるみを避けるためにも、アイメイクをやりすぎて目の周りにストレスをかけないようにしましょう。

 

関連記事

50代~のアイクリームは高配合と無添加・コスパに注目して選ぶ