アイクリームまとめサイト!目元の悩みを解決するためにやるべきこと

加齢などで目元がたるんできたり、女性の悩みは増えるばかり。目元専用のアイクリームでケアしましょう。

カテゴリー: アイクリームまとめ

目の下の悩み(クマ・たるみ・くすみ)は肌の中から根本的に!

目の下の悩みは、化粧で隠すのが簡単ですぐできるんですが、隠しきれなくなってくる日がやってきます。

 

そうなる前にケアをするかしないかで10年後、20年後の見た目年齢の印象が左右されます。

クマ・たるみ・くすみはケアしないでいると勝手に消えていくことはありません。歳を重ねるごとに増えていくものなんです!

線維芽細胞が衰えると肌が劣化

肌の中にある真皮の弾力を保つ成分のコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸はどれも繊維芽細胞から作られます。

繊維芽細胞がきちんと働いてコラーゲンを生み、古くなったものを分解・排出していれば肌のコラーゲンが維持できお肌もプルプルです。

でも、歳を重ねると繊維芽細胞は衰えてきてしまいます。

繊維芽細胞が衰えればコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が作られる量も低下するのでハリや弾力の低下ばかりか、肌のうるおいや透明感まで失われてしまいます。

肌のコラーゲンの量を維持し若々しい肌でいるためには繊維芽細胞が元気よく働いてくれないとまずいんです。

線維芽細胞が衰える原因の一つは、肌の内部の活性酸素による酸化だと言われています。 活性酸素が線維芽細胞を酸化させてしまうことにより、うるおい成分や弾力成分を作る働きが衰えてしまうんです。

線維芽細胞を衰えないようにするには、活性酸素が増える原因を作らないことです。

紫外線・ストレス・タバコ・排気ガス・激しい運動・食品添加物・には気をつけましょう。

線維芽細胞を活性化するには?

線維芽細胞を活性化させる成分として良く知られているのが、ビタミンC、ナイアシン、レチノール。ほかにも、ナールスゲンやネオダーミルなどの有効成分が開発されています。

これらの成分が含まれるアイクリームを選び、毎日のケアを行いましょう。 実際には、ビタミンCは肌に浸透しにくいという傾向があるため、浸透しやすく改良されたビタミンC誘導体が配合されているアイクリームがオススメになります。

サプリで活性化

加齢で女性ホルモンが減少していることも線維芽細胞の衰えにつながっていると言われています。

女性ホルモンはサプリで摂取するわけにはいきませんので、似た働きをするエクオールを摂取することで線維芽細胞を活性化することが期待できます。

エクオールは現在多く発売されていますので入手しやすいし、女性ホルモンと似た働きがあるため、加齢で減少してしまったことによるさまざまな症状にも効果的です。

代表的なものとしては、女性ホルモンの減少が引き起こす更年期障害です。この症状を和らげるためにエクオールサプリを利用している方もたくさんいます。 

 

関連記事

目元・目の下・目の周りが見た目年齢を決めるルールって?

目元・目の下・目の周りが見た目年齢を決めるルールって?

目元はどうしても注目してしまう体の部位です。そして、見た目年齢を推し量るのも目元なんですね。

 

どちらが若く見えます?

こういうことなんです。

目の下にクマやたるみがあると目立つんですね!

老化が現れるのも目元

目元に何もケアしないでいたら、年相応に見られるだけだから問題なし!そう思っていたら大間違い。

見た目の年齢は、髪(ツヤ、ボリューム)、目元(クマ、たるみ)口もと(ほうれい線)でほぼ印象付けれれます。これ、暗黙のルールみたいなものです。

年相応どころか、+5歳ぐらい簡単にプラスされてしまいます。

特に目の下のたるみは、致命的です!

目元の悩みはなんで起こる

どうしても避けられないのは、老化現象です。

目の下の皮膚は、他の部位よりも薄く、そのため早くから老化現象が現れやすいんです。

加齢によって肌のコラーゲンを作っている線維芽細胞(せんいがさいぼう)が衰えてきてコラーゲンを今までのように作れなくなってしまうのです。

そうなると、目の下だけでなく目の周り全体が弾力がなく痩せた肌になってしまいたるみや、くぼみ、クマなどが現れてきます。

 

その他にも要因がありますので、一つづつ紹介します。

クマ・くすみの原因(血行不良)

顔色がどんよりと暗く感じてしまうクマやくすみが発生する原因の1つは、血行不良です。不規則になったライフスタイルから寝不足が連続したり、日頃の生活リズムでストレスをため続けると、血液の流れが悪化してがちです。他にも、スマホやPCを長時間使って目を酷使するといったことも、目元の血行不良に結びつきます。

色素沈着

顔の内側ではなく外側からの要因として、皮膚が色素沈着を起こしているケースもあります。アイシャドウやマスカラなどのメイクをきちっと落とせていなかったり、目元を強くこすってダメージを与えたりすることにより、皮膚の薄い目元に色素が沈着し、暗く感じてしまうケースがあるので要注意です。

まぶたのくぼみ

加齢でまぶたの皮膚が痩せてくると、目と眉の間のくぼみが深くなります。くぼみが深くなってしまうと目元に影ができ、顔全体の雰囲気も暗くなるために、くすんでいるように感じられてしまいます。

筋力の低下

目の周りを囲む「眼輪筋」と呼ばれる筋肉も、見た目年齢のポイントです。眼輪筋が衰えると肌にハリがなくなって、たるみを発生させます。実年齢よりも老けているように感じられるのはこのせいです。

思い立ったらすぐに

ケアを先延ばしするのはよくありません。

目の辺りのくすみやクマは、多少ならメイクでごまかせるのですが、しわやたるみは出てしまうとなかなか無くすことができません。悩みが現れたら、すぐにお手入れを行いましょう。

「紫外線対策をする」「休みの日はメイクをやらない」など、生活スタイルに合わせて、セルフケアをトライしてみましょう。

 

関連記事

アイクリームでケアがまだ間に合う人、間に合わない人の違いは?

アイクリームでケアがまだ間に合う人、間に合わない人の違いは?

目の下や周りのたるみ、くぼみなどが見た目年齢を決める部分です。

アイクリームケアをして良くしようと思っても、間に合わない場合があります。

手遅れにならないうちに早めのケアが大事なんです。

アイクリームのケアで間に合う人、間に合わない人

シワやたるみの程度によって決まってきます。アイクリームで効果が期待できないのは、程度が重い人です。

間に合わない人

間に合う人

違いがすぐわかると思います。

間に合ううちからケアを始めていけば、10年後、20年後キレイでいられる可能性がUPしますが、何もしないと「間に合わない人」の仲間入りです。

目の下のたるみは何が原因?

一番の原因は加齢です。

だって、若いとたるんでないですよね。

コラーゲンが減ってくる

歳を重ねると、たるんでくるのは、肌の中で弾力のもととなっているコラーゲンという名前の繊維状のタンパク質が減ってきてしまうからなんです。

コラーゲンは、肌をベッドに例えると、スプリングの役目です。

コラーゲンが減ってしまうのは、コラーゲンを生み出している線維芽細胞(せんいがさいぼう)が衰えてしまうからなんです。細胞の数も減ってきてしまうそうです。

眼窩脂肪が出っ張ってくる

目の眼球周りにある眼窩脂肪(がんかしぼう)が出っ張ってくることで目の下がたるんで見えます。

なんで出っ張ってくる?

眼球の下の皮膚の中にある筋肉(眼輪筋・がんりんきん)が加齢とともに弱ってくると中の脂肪が出っ張ってきてしまうんです。

目の下をさわってぷよぷよしているのが出っ張った脂肪なんです。

紫外線でダメージ

紫外線の波長が長いA波(UVA)が肌の奥まで通過してきて線維芽細胞にダメージを与えます。

そうなると、コラーゲンの生成がうまく行かなくなって、これが繰り返されると肌の弾力が失われていきます。怖いですね!

紫外線の波長が短いB波(UVB)も悪いことをします。肌の表皮と呼ばれる浅いところにある角質層にダメージを与え肌のバリア機能を低下させます。

そうなると、水分を保つ力が弱くなって乾燥しやすくなってしまいます。

アイクリームで根本的にアプローチ

加齢や紫外線が影響してくるのは、コラーゲンですので、これをなんとかしてやれば目の下の皮膚にハリが出てきそうですね。

そして、コラーゲンを作っているのが線維芽細胞(せんいがさいぼう)なのですから、これを元気にするような成分が配合してあるアイクリームを選べばいいんです。

ビタミンC誘導体が線維芽細胞を活性化すると言われていますので、この成分が含まれたアイクリームを選ぶのがオススメになります。

ビタミンC誘導体の誘導体ってなに?

ビタミンCは肌に浸透しにくいので、より浸透しやすく改良を加えたビタミンC誘導体となっています。

 

関連記事

目の下の黒クマ・たるみの予防は?ある習慣化が問題だったって?

 

目の下の黒クマ・たるみの予防は?ある習慣化が問題だったって?

目の下黒クマたるみって第一印象で年齢がわかるこわーい部分です。

それと、黒クマは、たるみが原因となって影ができることで黒クマになっていることがほとんどなんです。黒クマ=たるみです。

印象を良くも悪くもする目元の悩みをどうやったら予防できるのかここでは紹介していきます。

目の下のたるみを加速する習慣

加齢が一番の要因なのですが、それ以外にも目の下のたるみを加速させる要因がありますので一つ一つ見ていきます。

目の周りの乾燥

年齢とともに女性ホルモンの減少からお肌は乾燥しやすくなります。目元も乾燥には弱く、小じわにつながってしまします。

予防としては、しわが発生して来る前から保湿をしっかりと行いましょう。

 

目の酷使

目を使いすぎると目の下のたるみが加速されてしまします。

PCやスマホを使っているときは、常に目の筋肉を使っています。そうなると、筋肉疲労によって血行が滞ってしまう場合があります。

予防としては、使用しないわけにはいきませんので、途中で適度の休憩を入れて目の筋肉を休ませてあげることです。

それと、寝る直前までスマホを見ているなどしていないで、できるだけ目を休ませリラックスした状態で就寝しましょう。

紫外線

紫外線は目の下だけでなく肌のどこに当たってもシミやシワの原因になります。

紫外線そのものが肌を透過してコラーゲンを破壊してしまいます。そうなると、肌の弾力が失われてしまいます。

予防としては、四季を通して紫外線対策をすることなんです。冬だからだいじょうぶっていうことはないんです。冬は夏に比べて1/3の紫外線量ですが、もしも3倍の時間外に出ていれば同じことないなってしまします。

日傘、日焼け止め、帽子、サングラス、日焼けどめサプリなどを併用すると効果的です。

睡眠不足

睡眠不足は「百害あって一利なし」です。お肌以外にも悪い事だらけです。

ストレスが活性酸素を生み、ホルモンの分泌を低減させ肌のターンオーバーもみだしてしまいます。老化も早めてしまうのです。

予防としては、毎日安定した睡眠を十分な時間取ることです。

洗顔のしかた

洗顔のやりすぎがお肌のバリア機能の低下を招く場合があります。

その他にも、刺激の強い洗顔料や強くこすって洗顔をするなどは目の下のたるみにつながるリスクです。

予防としては、クレンジングジェルや、アミノ酸系の乾燥肌や敏感肌でも使える洗顔料がオススメです。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを使用している方は、目から外すときに目尻か目の下あたりを引っ張るとおもいますが、これが肌へのストレスとなりますので、激しくやらないコツを練習して肌への刺激がなるべく少なくなるよう工夫しましょう。

化粧品

刺激の強い化粧品は肌にストレスを与えます。

予防としては、合成着色料、合成香料、合成界面活性剤などを含まない化粧品を選ぶ必要があります。

それと、将来のたるみを避けるためにも、アイメイクをやりすぎて目の周りにストレスをかけないようにしましょう。

 

関連記事

50代~のアイクリームは高配合と無添加・コスパに注目して選ぶ

50代~のアイクリームは高配合と無添加・コスパに注目して選ぶ

目元の悩みは早いうちからケアするのが良いのですが、ついつい化粧でごまかしてしまいがちです。

化粧だけで隠しきれなくなる前にアイクリームでケアし始めるのがオススメです。

肌の老化現象を感じるのようになる方が多いのが50代です。特に目元は皮膚も薄くストレスを受けやすいことで、シワやたるみというような悩みが出てしまうことが多い部位です。

この記事では、50代~のアイクリーム選びに必要な注目点を紹介します。

乾燥は目元のシワのもと

小じわの最大の要因は、ターンオーバーの乱れが元となる肌の乾燥です。乾燥を防止するなら保湿ですが、しわ対策のアイクリームは配合される保湿成分に注意して選ぶ必要があります。

とりわけ肌のバリアを整えくれるセラミドは、細胞間の水分を蓄えることができるので、しわやたるみに効果があると言われる成分です。またコラーゲンやヒアルロン酸などといった高保湿対策成分も、50代のしわとたるみに効果的な成分となるので、まずはそういった成分が配合されているかチェックしておくことが大切です。

クマ・くすみは?

しわやたるみのみならず50代の肌トラブルには複数ありますが、ひとつひとつの肌の悩みに適応した美容成分配合のケア用品を選ぶことが欠かせません。

例えばくまやくすみには美白成分が高配合されたもの、しわやたるみには保湿成分にプラスして、肌のハリに関わってくれるエラスチンなどが高配合されたものも良いかもしれません。

さらにエイジングケア成分として話題のビタミンC誘導体肌の中からコラーゲンを作る線維芽細胞を活性化してくれる作用が期待できます。

安心・安全には無添加

50代の肌はストレスに対してはセンシティブとなっている場合が多いので、できる限り肌によけいなストレスを加えない低刺激・無添加のケア用品を選ぶことが必要です。

その中でも肌に負担が大きいと言われている、合成界面活性剤を初めとした成分は出来る限り避けたい成分となります。

それから香料や着色料はケアとは無関係ですので、不使用となっているものがおすすめになります。

防腐剤やパラベンは植物由来の成分であれば安心感があります。超敏感肌の方は、アルコールに関しても不使用のもを選んだほうが心配が少なくなります。

コスパも考えましょう

目元のケアは毎日継続して使うことで効果が感じられるようになります。塗って隠すようなもののように即効性がないのが普通です。現実的には肌のターンオーバー周期である1~2ヵ月程度継続しないと、はっきりとした効果は期待できません。

ですので、無理せず長い間継続使用するためにもコスパに注目するべきです。 ケアで必要なのはアイクリームだけではないのです。その他のケアコストも合わせて、あなたが1ヵ月にどれくらいのコストをかけ続けることが可能なのか、しっかりと考えておくことが必要です。

 

関連記事

アイクリームは何歳から必要になってくるの?まさか20代から?

アイクリームは何歳から必要になってくるの?まさか20代から?

目元の悩みを抱えている女性は多いと思いますが、いったい何歳ごろから気にかかってくるものなのでしょうか?20代で必要なのでしょうか?

30代~に入ると気にかかり始める、目元のしわ。将来、美しく歳を重ねるうえでも、今からアイクリームできちんとケアしておきましょう。

各ブランドが目元専用に開発した高配合のもので、毎日やさしくケアしていきましょう。 ここではそんな30代~のためのアイクリームを選ぶキーポイントを紹介します。

目元にハリを取りもどし、しなやかな眼差しでみんなにアピールしちゃいましょう!

30代~アイクリームで準備

本来30代~でアイクリームは必要不可欠なのでしょうか?その実情を理解するために、まずはアイクリームとはどのようなものなのかについてご説明します。

今のところそこまでのケアは要らないのでは…?と感じる方もいると思われますが、これを読めば、本当は当たり前と言っても間違いないほど、重要なスキンケアであることがお気づき頂けると思います。

目元の皮膚は薄いので加齢の減少が出やすい

目元の皮膚はかなり薄く、しかもまばたきを1日に2万回もやるので、いつでも疲労しやすい状況になっています。目の周囲にしわ・たるみなど加齢現象が現れやすく、またトラブルが発生しやすいのは、こうした理由によるものです。

アイメイクからのストレスも

目元は毎日のアイメイクからもかなりのストレスを受けているのです。特にアイメイクをガッツリとやってる人が多い近年、目はいつも疲れが現れていると言っても間違いないでしょう。さらにメイクを落とす時にもストレスを受けますから、目元は一番ケアする必要がある部分と言えるでしょう。

疲れきった目元をケアするのがアイクリームです

このような目元の悩みを解消し、ハリを元に戻してくれるのがアイクリームです。統計の結果では、目元の悩みが明確になってくるのは「30代~」と回答した人が一番多く、ケアが必要とされることがわかります。

エイジングサインが出てくるようになる30代~は、素敵な40代・50代のための準備期間というふうにも言えそうですよね。

この年代のうちに毎日、アイクリームでケアすれば、保湿成分が行き渡り、たるみやシワなどの悩みの予防につながります。美容専門家の間でもアイクリームによるケアの有効性が支持されています。やらないと損しちゃいますよね。

30代のアイクリーム

30代~にこそアイクリームが必要とされている理由は納得してもらえたのではないでしょうか。だとすればどういったものを選んだらベストなのでしょうか?注目すべき点をまとめましたので参考にしてみて下さいね。

保湿成分が必要

目の周りは皮膚が薄いことだけでなく汗腺や皮脂腺も少ないことより、乾燥しがちです。乾燥によるトラブルが多いのも目の周りなんです。目の周りの乾燥を防ぐ目的のために、保湿成分が高配合されたアイクリームを選ぶことがが必要です。

すでにクマがあるなら

もうすでにクマがあるよっていう方なら、目元の血行を促進する成分が配合されたアイクリームが必要です。

 

30代で予防的にアイクリームを使用していけば、素敵な40代、50代が待っています。10年後を見据えて行動しましょう。

 

関連記事

50代~のアイクリームは高配合と無添加・コスパに注目して選ぶ

Copyright © アイクリームまとめサイト!目元の悩みを解決するためにやるべきこと All Rights Reserved.

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén